wisdomパソコンスクール南千里

Wisdomのブログ

未分類

C#を使ってプログラミング!

かなり久々のブログ…
みなさんお元気にしていますか?最近は新型コロナウイルスにより、外出を控えている方も多いと思います。
そこで気になっていたけども、プログラミングって何!?と調べている方が多いのかなと思い、今日はプログラミングを体験してもらおうかなと?

Visual Studioを使って
プログラミングを開始!

Visual Studioって何?というところから…
みなさんはパソコンを使うとき、何かしらのソフトウェアを使うことがありますが、何かの目的があってそのソフトウェアを使うかと思います。
例えばWordだったら印刷してみんなに配る文章を作る、Excelだったら家計簿の計算、見積書などに使われるかと思いますが!

Visual Studioはプログラムを作成するのに使われます!

プログラミングを調べていると、いろいろな言語があり、どの言語から初めていいのかわからないと思いますので、一つ一つ確認していきながらやっていきましょう!

https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

こちらのサイトから「コミュニティ」のエディションをインストールしましょう!

Visual Studio インストール画面

インストール途中で、Visual Studioで何を開発するか選択できる場所があるのですが、必須?項目だけチェックを入れていきましょう!

  • Python 開発
  • .Net デスクトップ開発(C#)
  • C++によるデスクトップ開発(C言語、C++言語)
  • .NETによるモバイル開発
  • Unityによるゲーム開発

上記の項目を入れておくと、一通りプログラミングを学ぶことは可能かなと!?
ここにJAVAがないのは大人の事情があり…開発元が異なるので権利があるんですよね…

あとはいざ!プログラミング!という感じですが、C言語とC#の開発についてだけ、スタートの仕方を伝えておきましょう!

C言語を初める

新規プロジェクトの作成

Visual Studioを起動したら、「新しいプロジェクトの作成(N)」をクリックしてみましょう!

プロジェクトの選択

上から言語の選択は「C++」種類は「Windows」の「コンソール」まで選択すると、下の項目がいろいろ変わるので、その中の「Windows デスクトップウィザード」を選択していきましょう!

次の画面では、プロジェクト名に「HelloWorld」でも入れておきましょう。
場所は作成する場所になるので、好きな場所を指定しておき、いつでも確認できる場所に保存しておきましょう。

プロジェクトの詳細

この画面では絶対に!「空のプロジェクト(E)」を選択しておいてください!

Visual StudioC言語開発画面

Visual Studioが起動したら、画面右端のソリューションエクスプローラーに表示されている、ソースファイルの上で右クリックして、「追加」→「新しい項目」の順に選択してください。

追加ファイル

ファイルを追加する際に左にある分類は「Visual C++」が選択されていることを確認して、「C++ファイル(.cpp)」を選択しましょう。
さらに名前には「Sample.c」と入力するのですが、拡張子までしっかりと打つようにしてください!

#include <stdio.h>

int main(void) {
	printf("Hello World\n");

	return 0;
}

文字入力ができるようになったら、上のソースコードを打ち込みましょう!
赤い波線が表示されると打ち間違いになるので要注意!

C言語開始方法

打ち込み終わったら、画面上部の「デバッグ(D)」から「デバッグなしで開始(H)」を選択して開始しましょう。

C言語コンソール画面

上記のように黒い画面に白文字の表示が出てきたら成功!
C言語の開発準備、勉強の準備が整いました!
これで参考書なり、ネット上にあるコードを実行できるかなと??
次はC#をやってみましょう!

C# – コンソール

画面上部の「ファイル」→「新規作成」→「プロジェクト」に進むか、Visual Studioを再起動して、「プロジェクトの作成」を選択してください。

C# コンソール開発選択画面

上から「C#」「Windows」「コンソール」を選択し、下の項目は「コンソール アプリ(.NET Framework)」を選択しましょう。

プロジェクト名は「Hello_World_CS」にでもしときましょうかね?

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Hello_World_CS
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
        }
    }
}

さっそく上記のような文字だらけのソースコードが現れると思うのですが、そこを…

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace Hello_World_CS
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World CS");
        }
    }
}

上のように変更してみましょう!
実行方法はC言語と一緒で「デバッグ」→「デバッグなしで開始」を選択すると起動します!

C#コンソール開発

上記のようなものが表示されたら成功!
C#も準備ができました!

ですが!

C#にはもう一つ開発の時に使われる方法があります。
その方法もお伝えしておきましょう!

C# Windows Form アプリケーション

新規プロジェクト

新規プロジェクトを作るときに、「C#」「Windows」「デスクトップ」を選択し「Windows フォームアプリケーション(.NET Framework)」を選択してください。

プロジェクト名は「Hello_Windows_Form」にしましょう!

Formデザイン画面

画像のようにさっきとは異なる、デザイン画面が表示されて「ん?」となった方は多く…はないか…
ここで確認しておきたいのは、左端に「ツールボックス」が表示されているか、されていなければ、画面上部メニューバーより「表示」→「ツールボックス」を選択して表示しておいてください。

コントロール、ボタンの配置

ツールボックスから「Button」をデザイン画面にドラッグして「ボタン」コントロールを配置して、配置されたボタンをダブルクリックしてください。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace Hello_Windows_Form
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {

        }
    }
}

ダブルクリックすると、上記のようなソースコードが表示されました?
表示されたらいざ!プログラミング開始!

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace Hello_Windows_Form
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show("Hello World Form Application", "Success",
                MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
        }
    }
}

今回は少し長めに変更してみましょう!
それでは実行はいつも通り「デバッグ」→「デバッグなしで開始」でやってみましょう!

Form アプリケーション起動

実際のプログラムが起動して、ボタンを操作すると、メッセージボックスが表示されましたか?
ここまでくればもうどの言語も勉強できる体制になっています!
あとは気の向くまま学習を進めてみましょう!

あとC#のフォームアプリケーションの作成が面白いと感じたら、当校で使っているテキストの一部を公開するので、ぜひ試してみてください!

生徒様も奮闘中!?

最近では小学生、中学生、高校生とプログラミングに興味があって、学びに来てくれている子どもたちがいるのですが、その中でも教室では「C#」が非常に人気です!なんで?と考えた時に、見た目がヴィジュアル的なので、操作して楽しめるプログラムが作れる、あとは本当にプログラムを作っている実感ができているようです!

手軽に始めることができて、英語ライクな言語なのである意味英語の勉強になったりと、子どもたちにとってはいいことづくめ!
興味がある子は「プログラミングの資格ってあるの?」と聞いてくるので…

「C言語プログラミング検定があるよ」と悪魔の囁きを…

大人の試験でもあるのですが、ちゃんとした証明にもなるので、学生向けではなくちゃんとした資格を取ってもらうようにしています。
そのおかげか資格を目指す子の知識は格段に上がり、計算力、倫理的思考能力、問題解決能力は大人並みになっています。
1級はさすがに現場に入って3年ぐらいの知識力もあるので、みんなには3級か2級を受けてもらってます。
過去に2級合格を数名、3級を目指している子数名現在奮闘中!

大人の方は転職、フリーランスで小遣い稼ぎを目指しており、日々日々勉強をしてもらいながら、変数名の注意点、改良方法、アルゴリズムなどふんだんに盛り込んだ個人レッスンをしています。
かなりやる気のある方々なので、LINEで質問、自宅でやってきたプログラムの質問が飛び交っており、もう先生いなくても大丈夫なんじゃ?と思うぐらいです。

プログラミングの人気っぷりに教材が追い付いていません!
頑張って作っていきますので、皆さん楽しみにしてください!

ではでは😁

営業時間

平日(火曜日~金曜日)

1時間目
12:00~13:00
2時間目
13:00~14:00
3時間目
14:00~15:00
4時間目
15:00~16:00
休憩
16:00~17:00
5時間目
17:00~18:00
6時間目
18:00~19:00
7時間目
19:00~20:00

土曜日

1時間目
10:00~11:00
2時間目
11:00~12:00
3時間目
12:00~13:00
休憩
13:00~14:00
4時間目
14:00~15:00
5時間目
15:00~16:00
6時間目
16:00~17:00

※定休日:日曜・月曜・祝日・祭日

アクセス

教室名
Wisdom パソコンスクール 南千里
住所
大阪府吹田市津雲台1-1-30
tonarie南千里 2階
電話番号
06-6872-7705
MAIL
メールフォームはコチラ
営業時間
火曜日 ~ 金曜日12:00 ~ 20:00
土曜日10:00 ~ 17:00
定休日
日・月・祝日
駐車場
420台有料駐車場完備 ※駐車券の発行はしておりません。
アクセス方法
【吹田からお越しの方】
阪急千里線、南千里駅を降りて、徒歩2分トナリエ南千里2階。

【豊中からお越しの方】
大阪モノレール、山田駅から阪急線に乗り換え、南千里駅降車

【箕面からお越しの方】
北大阪急行電鉄、北千里駅から桃山台駅で降車し、阪急バス南千里で降車